スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<質問なるほドリ>徳之島ってどんな島?(毎日新聞)

 ◇「長寿」「子宝」「政争」が有名 奄美2番目の規模、3町に2万6000人

 なるほドリ 政府が普天間飛行場の移転先として打診した徳之島ってどんな島なの?

 記者 鹿児島県・奄美群島で2番目に大きい島です。県本土から南に約400キロ、沖縄本島からは北に約200キロに位置し、鹿児島空港から飛行機で約1時間。徳之島、伊仙(いせん)、天城(あまぎ)の3町があり、人口は計約2万6000人です。

 Q 何が有名なの?

 A なんと言っても「長寿」と「子宝」です。伊仙町は男性長寿世界一記録を持つ泉重千代さん(享年120)と元長寿世界一の本郷かまとさん(同116)の出身地です。1人の女性が一生に産む子供の平均人数を示す合計特殊出生率では、3町が全国トップ3を独占しています。ちなみに1位の伊仙町は03~07年の平均が2・42で最下位の東京都目黒区(0・74)の3倍以上です。

 Q 観光地はないの?

 A たくさんあります。かつては新婚旅行のスポットでもありました。海水浴場、キャンプ場、釣り場--ときりがありませんが、闘牛が代表的な観光の一つです。約500年の歴史があり、年3回、島のチャンピオンを決める全島大会が行われ盛り上がります。最近では、00年のシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんがほぼ毎年合宿地にしていたことでも知られます。高橋さんが練習に使った道路は「尚子ロード」と呼ばれています。

 Q かつては「政争の島」だったとも聞いたけど?

 A 衆院奄美群島区(定数1)だった83年ごろから自民党の保岡興治・元法相と、徳之島出身で自由連合を設立した徳田虎雄・元衆院議員が激戦を繰り広げました。「保徳(やすとく)戦争」と呼ばれ、市町村選挙でも「代理戦争」となり、街を二分する戦いが続きました。開票所への投石、支持者同士の小競り合いなどトラブルが続出し、県警が機動隊を派遣するのが恒例でした。開票所を入場制限したり、パトカーが投票箱を護衛することもありました。

 Q 「戦争」はまだ続いているの?

 A いいえ、06年に徳田氏の次男で衆院議員の毅氏が自民党入りして対決構図が崩れ、終息しました。昨年10月の伊仙町長選では機動隊派遣が見送られ、静かな選挙になりました。ようやく落ち着いたところに降ってわいたのが今回の移設問題です。島民の中には「また政争に巻き込まれるのでは」という声も上がっています

鳩山首相、マスコミ報道で「徳之島の反対運動が強くなった」(産経新聞)
「鳩山政権は政権の体をなしてない迷走内閣」公明・井上幹事長(産経新聞)
美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇-福井(時事通信)
<日米行政協定>米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
スポンサーサイト

本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)

 全国の書店員が「一番売りたい本」を選ぶ「2010年本屋大賞」が冲方丁(うぶかた・とう)さんの「天地明察」(角川書店)に決まり、東京都内で20日、発表された。冲方さんは大学在学中の96年に作家デビュー。過去に日本SF大賞や吉川英治文学新人賞を受賞している。

【関連ニュース】
養老孟司による書評を読む…今週の本棚
松たか子:「泳げないんです」と告白 本屋大賞受賞作を映画化「告白」試写
横道世之介もノミネート
村上春樹さんの長編小説「1Q84」もノミネート

<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)
滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で-東京(時事通信)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)

<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪で8位入賞した女子カーリング「チーム青森」の近江谷杏菜選手が、青森市営バスの車内放送に声で登場。今年12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、バス利用客に「おもてなしの心」をもつよう呼び掛けている。

【これは分かりやすい】図説 なるほドリが聞く「ストーンを動かしたらどうなるの?」

 7カ所の停留所付近を通ると、近江谷選手が録音した「笑顔とおもてなしの心で(乗客を)お迎えしましょう。合言葉は『一路青森』」の声が流れる。

 知名度が高く市職員でもある近江谷選手に、青森市が白羽の矢を立てた。五輪時は日本中を熱狂させた「チーム青森」だけに、観光客の誘致も期待できそうだ。【山本佳孝】

【関連ニュース】
【これは分かりやすい】図説 ブラシでスイープする意味…ルール完全解説
【五輪写真特集】チーム青森、バンクーバーの熱い戦いを振り返る
【総力特集】バンクーバー五輪:チーム青森の顔写真入りプロフィルと成績表
【動画でみる】チーム青森メンバー一同がバンクーバーの戦いを終えて語る
【もうすぐ新幹線青森開業】これは格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろいろな角度から

大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
<研究機関ランキング>国内1位は東京大 世界では11位(毎日新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり(産経新聞)

<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)

 井上ひさしさんの三女で劇団「こまつ座」社長の井上麻矢さん(42)が11日、劇団事務所(東京都台東区)で会見し、父の“最後の言葉”を明らかにした。「『作品を読んでもらうこと、劇場に足を運んでもらうことが僕の幸せ』と言って旅立ちました」

 麻矢さんによると、井上ひさしさんは、肺がんと診断された直後の昨年11月から、抗がん剤治療を受けた。その治療は終わったものの、体力の消耗が激しくなった今年3月半ば、神奈川県内の病院に再入院。4月9日朝に帰宅したが、夕方に様態が急変した。妻のユリさん(57)、麻矢さん、大学1年生の長男佐介さん(18)の3人に見守られながら、眠るように息を引き取ったという。

 麻矢さんは「親子というのを越えて尊敬できる父でした。井上芝居を継続して上演するよう言いつかっています。こまつ座はその遺志を受け継ぎ、活動を続けていきますので、その姿をみなさまに見守っていただき、一緒に歩いてくださったら」と語った。

 出身地の山形県川西町にある遅筆堂文庫、山形市の劇場シベールアリーナ、中学・高校時代を過ごした仙台市にある仙台文学館、かつて住んでいた千葉県市川市の同市文化会館には11日、記帳台が設けられた。井上さん作「夢の裂け目」を上演中の新国立劇場(東京都渋谷区)も今後、記帳台を置く予定。

【関連ニュース】
【写真で見る】追悼 井上ひさしさん
【死去の一報】井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
特集ワイド:昭和の主人公たち ドン・ガバチョ(2007年8月13日夕刊)
帰りたい:私だけのふるさと 井上ひさしさん(2008年5月8日夕刊)
今、平和を語る:小説家、劇作家 井上ひさしさん(2008年2月4日夕刊)

小学校にミカン植えた男逮捕=130本、一部土地所有-宮崎県警(時事通信)
第1回「立石賞」に都甲・九大院教授ら(産経新聞)
小沢氏と連携「まったくない」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
<転落死>ラグビー元代表・渡辺泰憲さん 鎌倉駅で (毎日新聞)
山崎さんシャトル、最終準備=「思う存分楽しんで」-今夜打ち上げ(時事通信)

子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満(医療介護CBニュース)

 子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の主な感染経路が性交渉であると知っている人は全体の3割に満たないことが、臨床試験支援事業などを展開するクリニカルトライアルの調べで分かった。

 調査は3月4-14日、同社WEBサイトの会員約23万人を対象にインターネット上で実施。男女2697人(男性1534人、女性1162人、不明1人)から回答を得た。

 調査結果によると、HPVが子宮頸がんの原因になると知っている人は全体の34.2%で、HPVが性交渉によって感染することを知っている人は29.0%だった。

 また、一番使用頻度の高い避妊具を聞いたところ、性感染症の予防策の1つであるコンドームが73.6%で圧倒的に多かった一方、予防につながらない膣外射精も16.2%に上った。

 同社では、感染経路に関しての知識や予防への取り組みが浸透していない現状があり、HPVに対する正しい知識を持つことが予防の側面からも大切だとしている。


【関連記事】
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
HPVワクチン接種、公費助成「決定」はわずか-全国自治体アンケート
子宮頸がんワクチン接種の公費助成を
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演
2010年度予算成立、社会保障関係費は9.8%増

高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も-東京都(時事通信)
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内(毎日新聞)
氏名も生年月日も同じ、別人の口座差し押さえ(読売新聞)
<訃報>鍋谷鉄巳さん80歳=元体操五輪選手(毎日新聞)

神奈川の男性2人不明=中央アルプス宝剣岳-長野県警(時事通信)

 長野県の中央アルプス・宝剣岳(2931メートル)に入山した横浜市緑区三保町の会社員原田和徳さん(34)と、神奈川県茅ケ崎市中島の自営業大森康弘さん(56)が行方不明になり、県警駒ケ根署は29日、捜索を始めた。
 同署によると、2人は40代男性と30代女性とともに計4人で28日に入山。日帰りで千畳敷カールから宝剣岳山頂を往復する予定だったが、天候悪化で山頂近くの鎖場で2人ずつに分かれたという。男女は現地でビバークし、29日午前、ロープウェイで千畳敷に戻ったが、原田さんと大森さんが戻らないため、同署に救助要請をした。 

【関連ニュース】
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
山中の河原で男性死亡=別の1人負傷、不明8日
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長

改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
<名古屋市長>議会解散受任者募集で「はがき百万枚配る」(毎日新聞)
<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)

建設会社のガラス戸に弾痕…福岡・嘉麻(読売新聞)

 25日午前8時10分頃、福岡県嘉麻市岩崎の建設会社「松俵建設」で、出勤してきた女性従業員(47)が玄関のガラス戸が割れているのを見つけ、県警飯塚署稲築交番に電話で通報した。

 署員が駆けつけたところ、ガラス戸に弾痕のようなものがあり、同社の駐車場に薬きょうのようなものが数個落ちていた。けが人はなかった。同署は発砲事件とみて捜査している。

 現場は国道211号沿いの住宅街の一角で、近くに市役所稲築庁舎や県立稲築志耕館高などがある。

阿久根市議会、竹原市長の問責決議を可決(読売新聞)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
<自民幹事長>郵政改革法案は時代に逆行 参院選の争点だ(毎日新聞)
振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い(産経新聞)
人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)
プロフィール

ミスターまさはるよこみぞ

Author:ミスターまさはるよこみぞ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。